Aqueous triplog

きままに いたずらに

大動脈を見守るもの

2012年5月18日(金)

大阪の地下を走る大動脈、御堂筋線

その淀屋橋駅のホームには百葉箱が設置されている。普段地下鉄を利用されている方なら、見憶えのある方も多いのではと思う。

 

f:id:aqua_161:20120518174950j:plain

淀屋橋駅への設置は1934年。地下鉄開業の翌年のできごとである。78年もの間、この駅に佇んでいる。

 

f:id:aqua_161:20120518175001j:plain

昨年12月にデビューしたばかりの31系がホームに入ってくる。31系は、開業から数えると御堂筋線14代目の車両、百葉箱はそのすべてを見てきた。最初はたった1両で走る電車だったものが、いまは10両編成が、ひっきりなしに発着する。

 

f:id:aqua_161:20120518175007j:plain

1駅お隣の梅田駅。新大阪・千里中央方面のホームの壁際にひっそりと立っている。こちらは1961年から活躍、半世紀に亘る。

 

百葉箱はこのほかにも御堂筋線天王寺、谷町線天満橋四つ橋線西梅田、中央線緑橋、千日前線鶴橋、堺筋線堺筋本町に設置されている。しかしながら、着々とお役ご免のときが迫っていて、今年の夏より順次撤去されていくそうだ。

 

長年ホームに鎮座してきた見張り番。最期の活躍を迎えている。