読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aqueous triplog

きままに いたずらに

台湾旅行(2) ~観光地・九份へ~

2013年2月21日(木)

f:id:aqua_161:20130226213130j:plain:w400

桃園國際機場→台北火車站東三門 1819/台北西站A棟 國光客運

台北行きのバスへ乗車。高速利用で約一時間で台北駅前へ到着します。
最前列で景色を見ながらやいのやいの言う我々。ちなみに日本とは違って自動車は右側通行(鉄道は左側)

f:id:aqua_161:20130226213146j:plain:w400
台北市街地に入りました。基幹バス的なものが整備されている場所もあります。

f:id:aqua_161:20130226213200j:plain:w400
台北に着いて乗ってきたバスを撮影。いかつい風貌です。
まずはホテルに向かい、荷物を預けます。一応日本語で対応してもらえるホテルなのでなんということはなく。


身軽になったところで、台鉄の台北駅へ。瑞芳(ルイファン)へ向かい、九份(ジォウフェン)という観光地へ向かうためです。

で、その前に台北ほか各地で使えるICカード『悠遊カード』を購入します。
色々割引にもなるらしいので、買って使っていこうということなんですが、この購入場所がわからない。
結局、捷運(地下鉄)の改札窓口で購入。200元支払いデポジットが100元。

そんなこんなで、台鉄の駅に急いで戻り、12時丁度の自強号になんとか間に合い、乗車。

台北→桃園 自強123次/屏東 台湾鉄路管理局縦貫線

乗車して10分ぐらい経ったころでした。
能登屋が車内の液晶に流れる停車駅を見て、あれ、これ逆向きちゃうん?と。

次の停車駅は桃園。

桃園?



逆 で し た !



というわけで、桃園で降ります。

山手線でいうと外回りと内回り間違えた、みたいなことでして。やらかしましたなあ。

f:id:aqua_161:20130226213232j:plain:w400
乗ってきた自強号。

桃園→台北 區間車1208次/基隆 台湾鉄路管理局縦貫線

というわけで桃園から自強(≒特急)ではなく區間車(≒普通)で行くことに。
結構混んでてほとんど座れず。台北で次の區間車に乗り継ぎます。
f:id:aqua_161:20130226213242j:plain:w200f:id:aqua_161:20130226213245j:plain:w200
ホームにはなんか貨物がいました。

台北→瑞芳 區間車4188次/蘇澳 台湾鉄路管理局縦貫線・宜蘭線

台北で降りて次の區間車に乗り継ぎ。今度は途中から座ることができてよかったよかった。
そんなわけでようやく瑞芳駅へ到着したわけでした。

で、駅を出るとすごい雨。
そして揃いも揃って折りたたみ傘を入れたまま荷物を預けてきてしまった面々。こちらがバカです。
これみよがしに駅の出口で売ってるので買います。

ここからバスで向かうわけですが、なんか色んなところからこの駅前を通って九份に行く系統があるようで、どれに乗っていいやら迷う。とりあえず全部行きそうなので乗車。

瑞芳車站→舊道 1062/金瓜石 基隆客運

瑞芳の市街地がすぐに終わり、どんどん山中に分け入っていきます。
が、バスは速度を落とす気が一切なく。ずっと上り坂。左へ右へ。う……酔う……。

15分ほどで「舊道」という停留所に到着。観光客がどんどん降りていくので我々も下車。
それにしても、あの山道があと10分も続いたら私はたぶんアレだった。決して強い方じゃないので。

f:id:aqua_161:20130226213437j:plain:w400
ご覧ください、こちらが九份の町並みです。セブンイレブンです。

f:id:aqua_161:20130226213425j:plain:w400
展望台から一枚。THE霧中。

f:id:aqua_161:20130226213446j:plain:w400
商店街のようなところを歩いていきます。さすがは観光地というところで、日本語やら英語もちらほら書いてあったり、聞こえたり。

f:id:aqua_161:20130226213456j:plain:w400
だらだらと歩くと拓けたところに出たのでそこでまた一枚。霧もいつの間にやら引いてきて高さを実感。


f:id:aqua_161:20130226213539j:plain:w400
この観光地・九份千と千尋の神隠しのモデルの一つともなった場所として有名で、その建物がこちら。
f:id:aqua_161:20130226213525j:plain:w400
「阿妹茶樓」というお店。「あめおちや」と平仮名も振られてます。

九份派出所前→瑞芳車站 1062/基隆 基隆客運

f:id:aqua_161:20130226213617j:plain:w400
うろうろとして、九份を離脱。帰りのバスもなかなか攻める走りでした。

瑞芳→台北 自強221次/樹林 台湾鉄路管理局宜蘭線・縦貫線

f:id:aqua_161:20130226213631j:plain:w400
そして瑞芳駅から自強号で台北へ。座席は取れませんでした。


で、ホテルへチェックイン。初日から色々ばたついてしまいましたが、とりあえず一息です。
f:id:aqua_161:20130226213641j:plain:w400
瑞芳駅前のコンビニで買った駅弁的なものを食べます。
くせのある味付けでしたが、おいしかったです。

台北車站→忠孝敦化 南港展覧館 台北捷運南港線(藍線)

能登屋が本屋さんに行きたいらしいので、捷運で3駅東へ。
捷運の発車案内は「何時何分発」ということではなくて次の電車が「何分何秒後」に来るかということを示しているようで。

f:id:aqua_161:20130226213705j:plain:w400
こちらは0:35発ではなく、0分35秒後に来ますよということらしい。


やってきたのは誠品書店という本屋さん。
広いし、カフェとかもあるし、なにより24時間書店機能は開いているらしい。住みたい。

私は結局何も買わなかったのですが、買えばよかったかなあと今更思っていたり。

忠孝敦化→台北車站 亞東醫院 台北捷運南港線(藍線)

f:id:aqua_161:20130226213657j:plain:w400
台北の地下街で晩ご飯を食べ、22時ごろホテルに戻り、本日の行程終了。
BSが入るので何故かTCG情報局見ながら、ついったやりながら、明日の予定をうだうだと詰める。

全然海外に来てる感がしないアレ。

そんなわけでさすがに関空で徹夜した分もあり眠いので0時半ごろに就寝。