2018年を振り返る(2)-台湾行った1月

2018年振り返るやつの2つ目は、1月に台湾に行った分を貼っておこうという記事です。

f:id:aqua_161:20181228195003j:plain


1月は高雄in 桃園outで台湾南部を中心にうろうろとしてきました。
f:id:aqua_161:20181228195006j:plain
まず高雄。国鉄の高雄機廠を覗いた後、
f:id:aqua_161:20181228195010j:plain
f:id:aqua_161:20181228195109j:plain
軽軌とSLが並ぶ哈瑪星へ。
翌日はレンタカーを借りて南廻線沿線へ。


f:id:aqua_161:20181228195137j:plain
内獅駅にて。

f:id:aqua_161:20181228195246j:plain
f:id:aqua_161:20181228195249j:plain
内獅駅から少し南の方。

この後、山越え区間の道路(台9線)で運転したんですが、なかなかの峠道にもかかわらず前後の車のペースが速く同乗者がやられてしまいました。反省。ちなみにこのあたりは非電化ながらトンネルでぶち抜いてる分、鉄道のほうがだいぶ速いです。

f:id:aqua_161:20181228195441j:plain
f:id:aqua_161:20181228195444j:plain
金崙駅付近の川のところで。

f:id:aqua_161:20181228195639j:plain
さらに北上して、太麻里駅付近にて。

f:id:aqua_161:20181228195628j:plain
ここは江ノ電は鎌倉高校前付近の踏切に似ているということで撮影スポットなのだそうです。

f:id:aqua_161:20181228195615j:plain
レンタカー組としばし別れて、列車で枋寮駅まで戻ります。

f:id:aqua_161:20181228195932j:plain
枋寮からはレンタカーで一気に北上、宿は斗南です。あほみたいな移動してる。



翌日。
なんで斗南に宿を取ったかというと、虎尾の糖業鉄道が目的地だからです。

f:id:aqua_161:20181228201043j:plain
これ。

f:id:aqua_161:20181228200426j:plain
f:id:aqua_161:20181228201052j:plain
f:id:aqua_161:20181228201055j:plain
f:id:aqua_161:20181228201249j:plain
虎尾の中心部に工場があり、西側に広がるさとうきび畑との間を往復していて、レンタカーで追いかけ回すなどストーカー活動に励みました。

www.youtube.com
積み方が豪快。



というわけで、雲林駅でレンタカーを返却し、そのまま高鉄で桃園へ抜け、帰国の途に就きました。
今回も道中は優秀な現地ガイド能登屋に引率いただきました。
notoya.hatenablog.com



次回(たぶん今日中)は5月にヨーロッパの話です。なんと単独旅行です。英語もろくにわからないのに。