大阪市バス路線変遷-淀川を越える路線(1)<十三橋>

aqueous.nobody.jp
3月に公開しましたこちらの路線変遷図。これを作るにあたって調べたことを切り崩しながら、方面別に主要路線の歴史、主に戦後復興以前の時期を振り返っていきたいと思います。いったい何回かかるかもわかりません。そもそもちゃんと続くのか。

さて、第一シリーズとして淀川を越える路線を取り上げていきます。
淀川を知らない人はまああんまりいないと思います。大阪市北部を流れる大きな川で、特に毛馬閘門より下流は明治に開通したもので川幅が極めて広くなっています。当然、陸路で川を越えるには橋が必要で、交通の要衝となります。ともすると淀川を越える路線というのは限られており、ある程度まとめて追いやすいということになります。


前置きが長くなりました。今回は市バスが初めて淀川を越えることになった十三橋を渡る系統を主に紹介したいと思います。

続きを読む

C94の話

C94にて頒布される「てっけんサミット裏話本」にお誘いいただきまして、僅かながら寄稿させていただきましたのでお知らせします。
頒布スペースは日曜日 東 S-23b の交通系総合個人サークル『KiP』(キップ)さんです。

そもそも、てっけんサミットとはなんぞやという話ですが、2009年から始まった鉄研同士の交流会で、当時学生だった私も初回から数年にわたって参加したものです。そして、そんなサミットも今年で10回目を迎えるにあたり、出すことになったそうです。
サミット開始時の運営は関西学鉄連という組織でして、そこに属されていた面々が当時何考えてやってたの?今思うとこうだったね、みたいな本だそうなのですが、実のところ私は直接運営に携わらなかった立場なので、どちらかといえばそういう皆さんをどう見ていたか、当時の自分は何を思っていたかという形で書かせていただきました。よろしければお手に取っていただければ。

最新の情報は『KiP』のtwitterWebカタログにてご確認ください。
twitter.com