上町線開業120周年

2020年9月20日上町線は開業120周年を迎えました。ヘッドマークもついてるようなので撮りに行きたいところです。

この日を記念して薄い本にするつもりでしたが色々中途半端になっているので、とりあえず一旦ここに投げて供養としたいと思います。

続きを読む

平面交差していた上町線と高野線

f:id:aqua_161:20200415040540j:plain
早いもので住吉公園駅廃止から4年が経ち、阪堺線上町線が平面交差していた光景も古いものとなってしまいました。
このような平面交差、1913年の住吉~住吉公園開業以前にも存在していた時代があります。

続きを読む

あべの橋の歴史と上町線の話

f:id:aqua_161:20200324044728j:plain
大阪で橋といえばその多くが堀や運河に架けられたものですが、「阿倍野橋」は鉄道を越えるために架けられたものです。

都市内道路の立体化が試みられたのは、市電が急速に敷設されたことによってである。また、昭和初期の都市計画事業においても道路の立体化が進められた。
阿倍野橋は阿倍野線(現在の大阪和泉泉南線の一部)の建設に伴って堀割の天王寺駅を越えるため、昭和18年に架けられたものである。
大阪市:阿倍野橋(あべのばし) (…>橋>橋の紹介)

割とざっくりした説明です。現在の橋は1943年に架けられたものですが、それ以前から、鉄道を越えるために架けられていました。

遡ることおよそ130年前。
最初の橋は1889年に大阪鉄道の湊町~柏原(現・大和路線)が開通に際して、街道の部分を掘削した代わりに架けられたのが始まりです。この道を「阿倍(部)野街道」と呼んだので阿倍(部)野橋と付けられたのだと思われます。

ここから先の細かな話に入っていきます。今回も馬車鉄道のお話です。

続きを読む